2018.10.02.の稽古

今日の稽古で心に残ったことは、両手を相手に入れて戻す稽古や、持たれた片手を下げる、相手に入る稽古で共通して先生から言われた「まず中心軸をしっかりと持ち、(正中線を確立する)自分と相手の軸と合わせて、軸を保ったまま、丹田を緩める。腕、腰を使わないで、(足力)と緩みを、を相手に伝えるようにすると、力を感じさせずに相手に入ることができる」ということです。自分は最初の軸をまだまだ納得できるように十分確立できない、軸をぶれないようにすることがまだまだ甘いことと、緩みを伝えるのが不十分なので、軸をしっかり持つことを目的にしようと思いました。軸が決まり、相手とのつながりを意識できたときは、力なしで技が決まるのでこれを意識せずに自然に出せるようになれば、と思いました。

交点の稽古は相手の肩を少し感じることができてきたので、もっと正確に軸の関係を取れるように、三角形をきれいに決めれるようにしていきたいです。

後ろ両手どりの手の使い方、前方投げも少しコツがつかめて来た感じがしました。

今日も良い稽古でした。先生、Hさん、Yさんありがとうございました。