2017.08.08.の日記

今日は、三級の審査技の小手返しを中心に稽古をつけていただきました。

後ろ手をほどいて、小手返しをする技を三つ教えていただいたのですが、最後の技の手の使い方が決まらなかったので、もう一度整理しておこうと思いました。

残りの正面打ちからの小手返し、横面打ちから小手返し、胸つきからの小手返し、座り技柏手小手返し、座り技正面打ち小手返しは、形や体の流れもわかってきました。

 

剣は、なかなか向上がみられないので、力をいれずに、形を決めれるためにも、素振りはできるだけ継続的にしておかなくてはならないな、と思いました。

 

基本の動作の稽古も、最近また難しくなってきたので、相手とぶつからない、「合気」が体現できるように頑張る段階が来たのかな、とも思いました。

 

今日は、手ほどきで、片手交差取りを外す時に、腰と相手の肩に線をひき、そこに気をとおせば、握られた手首で争うことなく外すことができると教えられました。確かに石川先生が外す時は、自分の肩が押される感じがあるのですが、どうやってそれを行うのかが今わからいので、今後の課題としたいと思います。

 

K君も本格復帰したみたいで、いっしょに黒帯をめざしてがんばりたいです。

 

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。