2017.07.25.の稽古

 今日は7月最後の稽古でした。久々にI君も参加しました。

 

 今日印象に残ったことをメモすると、

 

 手刀でまっすぐに相手に入る時は、最初の接触で、相手の肘、肩を抜くことを考える。石川先生の接触を自分ができるようになるには、どうすればよいかを考えること。

 

 素振りは、静から静へ相手にわからないように、剣を振るので、最初と最後が動いてはいけない。また、振ろう、当てようと思うと、それが悟られてしまうので、心も静かにすること。

 

 剣の交点の接触から、相手の肩を抜くこと。

 

 小手返しで、相手の手に添える手は、力を抜いて相手の肩や軸を感じること。センサーのように使うので、力を入れるとそれがわからなくなる。

 

 後ろ両手取りの三つの取り方。相手の腕を握ると同時に、腰の緩みと前方への入身で体全体で取ること。また、最初の動きで相手の掴んでる手の肩をぬくことがポイント。

 

 今日も良い稽古でした