2017.07.11.の稽古

 今日の稽古で、石川先生から、言われたことは、次のようなことです。

 

 動きの明暗が相手にわからないように剣の素振りをしないと避けられてしまう。明暗がわからないように、最初、頭、軸、剣をしっかり止めて、軸と胸のゆるみで剣を落とし、動きがわからないように振る

 

 (基本動作の稽古で)腕や腰のみを使うと、腕だけしか使わないので、相手に簡単に抑えられてしまう。体の軸や中心、丹田のゆるみで、全体を使えると、腕力でなく、相手に力を伝えることができる。

 

 

また、今日の稽古の最後に、片手を掴まれてから、体の転換をして体を崩す稽古をしました。ここで、剣の素振りの動作と基本は同じと先生に指摘され、少し感じがつかめた気がしました。剣を振るイメージをもつと、手や腕の力でなく体の転換につながる感じも少し分かった感じを得ることができました。

 

 とくに、最近、基本動作のレベルが以前より難しくなってきたので、自分のレベルも前より少し上がったのかな、とも思いました。

 

 また、小手返しの技も体のさばきかたが大体わかってきたので、あとは丁寧に復習して、技も決めれるようにしていきたいと思いました。

 

 本日も良い汗をかき、良い稽古でした。ありがとうございました。