2017.03.07.の稽古

 今週も上石神井体育館で稽古でした。

 今日は素振りで、久しぶりに先生の剣にあてることができたので、けっこう嬉しかったです。

 基本の稽古で、両手をつかまれたまま、舟こぎで、相手にはいる練習が難しいのですが、「軸を立てて、その軸にそって丹田を落とすと同時に、それを相手に伝えるように入っていく、または、引く」ということが少しわかったような感じがしました。なかなか動作にはできませんが、軸をしっかりと最初にもち、その軸を動かさないようにすることをまず目指そうかな、と思いました。

 手ほどきで、矢筈取りと、交差に取られた手をつかって、肩を裏返すようにして相手を崩すことが難しいのですが、どちらも相手との接点(交点)を自分は、動かしていないつもりで、けっこう動かしているな、と気付けたので、そこから修正していこうと思いました。

 立ち技は、四教を中心に行いました。「四教は、手首、肘、肩を同時に抜いて無力化して、相手を制する技」「三教は、肩と肘と手首を固める技」という先生の説明で、わからなかった四教が少し見えた感じがしました。

 四教のかけ方を集中して教えていただき、Tさんへかけている様子も見ることができたので、基本はすこしわかったかな、と思いました。

 先生がかけると、無理な力をかけず痛みがないのだけど、肘と腕がぬけてしまうので、少しでも近づけるようになりたいと思いました。

 あと驚いたのが、伸ばした腕を軽く押すだけで、肘と肩が抜けてしまい、軸が崩される四教のかけ方を体験できましたが、これは三段の技らしいです。手ほどきでは、交差に取られた腕を相手の手首に親指をかけるだけで、手首、肘、肩をぬかれてしまうので、鍛錬すれば、こういうことができるのだな、と思いました。

 Tさんも、基本動作がうまくなってきているので、こちらも置いてかれないようにがんばろうと思いました。

 今週もよい稽古でした。