読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.01.24の稽古

今日は、上石神井の体育館で稽古でした。

回転膝行で、「中心軸を崩さない、腰の緩みで動く、中心で体をわる、等速直線運動で動くなどの目的意識をもってしないと、ただの体操になるよ」という指摘を先生にいただき、先生の回転膝行を頭にいれながら、いろいろ練習で調整していこうと思いました。

手ほどきの練習では、相手の肩と掴まれている点と自分の肩を動かさないように、手をほどくというコツを教えていただき、そうするとけっこうきれいな動きになり、とりやすかった。

左前方回転では、中心軸をしっかりとることを指摘いただいた。

剣を使った素振りでは、一回先生の素振りを避ける事ができ、嬉しかった。半年ぶりか。

また、剣と剣との交点をとる練習をして、これも結局は自分の中心をしっかりとらえてずれないようにして、相手の中心に入る気持ちを持たないとうまくいかない、また、相手との一体感を保ったまま、肩をぬくという、通常の技とおなじなんだなと思った。

四教で相手の手をどう決めるのかが、よくわからなかったが、今日少しわかったような気がした。引き続き練習をして習得しなくては。

四級の技を中心に教えていただけたので、時間があるときにポイントをまとめておこうと思いました。

最後に合気あげや小手を掴まれたあとにおしかえす技の練習をしていただき、これも自分の中心をしっかりとり、そのあと手には力をいれずに、そのまま体のゆるみで相手にはいっていくのが重要だと感じた。

体が硬いので、腰を中心にゆるみを体感できるよういろいろ練習しておこうと思った。

 

今週も、よい稽古でした。ありがとうございました。