読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年10月18日の稽古

今日は火曜日、上石神井の体育館の道場で稽古でした。

 

2週間ぶりの稽古でした。自分は少し体調がすぐれなかったのですが、稽古の後には、けっこう元気がでてきました。仕事の忙しさにかまけて、体をあまり動かしてないのが原因だったのでしょう。

 

本日、印象に残ったのが、腕を崩すと腰の自由を奪い、相手が崩れてしまう、ということを先生の技をかけてもらっているときに、実感できたことです。

また、臂力の練習で、緩みをつかって、肩を抜かれて、そうして、腰がくずれる感じが、順番として、ようやく実感できてきました。

次は自分の緩む感覚を養いたいと目標ができました。

 

本日は、Tさんも来られていて、Tさんが二教を先生にかけられているのを見て、最初の一教での崩し方、手のさばきかた、全体の流れなど、学ぶところが多かったです。

 

あと、顔をつっこむ癖があるので、それをまっすぐにすると、舟こぎであいての入っていくのが楽になり、体の緩みの感覚もすこしわかった感じがしました。ここは気をつけようと思いました。

 

時間をみつけて、剣の素振りもしようと思います。

 

本日もよい稽古でした。みなさん、ありがとうございました。