2016年10月4日の稽古

今日は上石神井の体育館での稽古でした。

 

今日は体の軸について、ご指摘をいただきました。

 

前方回転の受け身では、体の軸をまっすぐに入れていくこと、それが通常の入り身、臂力の養成などにもつながっていくこと、などを教えていただきました。自分はとくに左からの前方回転にずれができるので、気をつけてなおしていきたいと思いました。

 

矢筈取りが、うまくいかないので、「手と肩でとろうとするのではなく、腰からとるとよい」と教えていただき、腰を意識すると不思議に形が決まりました!

 

等速直線で、舟こぎをするときに、手がいったん上に行くのを指摘されました。相手が抵抗できない方向に、等速で入っていき、抜いていくを心がけていきたいです。

 

Tさんが二教の稽古をつけてもらってたをみると、横で見ていると勉強になりました。

 

自分は臂力の養成をつけてもらったのですが、まず、下に落とすときに、剣を意識し、相手の肩と腰を意識することを指摘されました。ポイントとしておさせていきたいです。

 

最後に、剣は、中の体の緩みをつかうと、初動がきずかれない。自分も体の緩みに気をつけていこうと思いました。家では、居合腰に落とす練習をしようと思います。

 

次は、二週間後なので、家でもできる練習をしたいと思います。

 

今日もよい汗をかけて、楽しい稽古でした。