2016年9月6日の稽古

 本日は、火曜なので上石神井の体育館で稽古をつけていただきました。

 

 本日、嬉しいことがあり、ようやくなのですが、これまで何度しても、いまひとつ納得がいかなかった、等速直線運動のポイントが見えてきたことです。

最初に、自分の中心軸を決めて、相手の中心軸を意識する。ここで十分、自分が安定して、不動の感覚を得たのち、ゆっくりと緩みとともに、相手のの手から自分の動きを伝えると、力を入れなくても、相手が抵抗できずに動く、という一連の動きがようやくわかってきました。

 

 それと同時に、今までは間違った方向性で努力していたこともわかりました。自分がやっていたのは、最初の中心軸を十分感じなかった、安定感がないまま、相手に力を伝えようとしていたので、それでは、どうしても最終的には、腕の力とか腰の力で無理に押すことになってしまう、ということを繰り返していました。

 

 石川先生のおっしゃることを聞いていたようで、聞いていなかった、今から考えると、いつも「中心軸を感じて、緩みとともに、等速で相手に力を伝える」と口をすっぱくいわれていたことを全然わかっていなかった。しかし、今は、そのおっしゃることが、わかる感じがします。

 

 簡単なことかもしれませんが、稽古をつづけてようやく体感でわかりました。いやあ、長く時間がかかりましたが、目の前がひらけた感じです。

 

 あとは、次のことが気に掛かりました。

 

 「入り身、転換、体の変更」の動きは覚えたのですが、「リズムをつけている。リズムをつけるのではなく、能の動きのように、ながれるように動くこと」と注意をうけました。タメがはいらずに、流れるように動くようすることが、次の目標です。

 

 あと、やはり、剣の素振りで、気、剣、体が一致していないことのご指摘を今日も受けました。これも今日の中心軸を意識して練習していきたいと思いました。また、先生の素振りを避けることが今日もできませんでした。ご指摘を受けたのは、「一点を見ている」ということです。全体を見る、頭ではわかるのですが、これもいろいろ試行錯誤して身につけていきたいと思います。

 

 あと、三教を右手で受けると、右手首の親指側の関節がかなり痛く、たぶんの昔の怪我かなにかが原因だと思うのですが、先生の技をうけていて、けっこう痛みを感じなくなってきました。自分は柔軟性がなく、かなり体が硬いせいもあるかと思うので、柔軟もしっかりしてなおしていこうと思います。左手はそういうこともなく、けっこう三教も冷静にうけれるようになってきました。

 

 三教、四教は、痛みで冷静に技を見れてなく、自分で行うとまだ手の取り方があいまいなので、早く覚えること。

 

 五教の肘を掴む鷹の手を当てる部分をきちんを当てること。

 

 六教の型をおぼえること。

 

 今日もよい稽古でした。少し仕事が落ち着いてきたので、日々の練習も行っていこうと思います。