7月15日(金)の稽古、そして六級合格!

今日は、金曜なので、綾瀬の東京武道館へ稽古に出かけました。

 

今日は、六級の審査をいたしました。

 

無事に合格したのですが、けっこう上がってしまって、全体的には硬さがのこったと思います。

 

また、綾瀬のみなさんには、審査の前に、二教についていろいろとアドバイスをいただき、直前とは言え、皆様と稽古ができたおかげだと思います。

 

感じた反省点を残しておこうと思います。

 

1)座り技 両手持ち、呼吸法、二教

矢筈取りから、二教に移るのだが、手の甲は、自分の胸につけない。

そして、ここで、二教の抑えを披露します。

二教の抑えは抑えた手の甲を外に向けて、相手と90度の角度になることに注意する。

座り技は、ここで二教の抑えを行う

 

2)座り技 正面打ち、二教

一教で打ってきた手に、こちらの手を軽く添えて、別の手で相手を切る感覚で、肩を抜く。中心線を意識する。

 

4)立ち技 交差取り、二教

ここで、二教で、相手の肩を抜き、抑えたのち、肩を返し、(一回目は、入り身転換、二回目は入り身で)二教の抑えを行う

 

5)立ち技 肩取り 二教

八級の肩取り、一教の要領で、肩をだし、掴もうとした相手の手を引いてとらえ(足をそろえる)一教で、肩を返したのち、二教に入る

 

石川先生には、「緊張のためか、硬さがのこったのは残念ですが、いちおう型の流れは、意識して行おうとしたのはわかりました。」

と総評をいただきました。

 

自分でも、型の練習をしたいただいた諸先輩のように、力や、痛さをともなわずに、きれいに二教を決めるようになることを今後の課題にしたいと思いました。

 

また、剣では、「藤原さんは、素振りで手を返すのが見えます」と言われたので、連休なので、ベランダで素振りを練習します。

 

綾瀬に行くと、毎回勉強になるので、金曜もがんばって参加しようと思いました。

 

また、六級が合格したので、黒帯まで、半分まできました!

こんばんは、帰ってちょっと祝杯をあげました。

 

次は、五級。

火曜から心機一転がんばろうと思います!