読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月21日の稽古

今日は、火曜日。上石神井の体育館での稽古でした。

 

本日は、基本動作、剣、立ち技を行い、私は、二教を中心に稽古をつけてもらいました。

 

今日は新しく、相手と組合って、相手の肩をぬき、そのまま軸を崩して、倒す技を三つ習いました。

 

なかなか自分でも納得いくように倒せませんが、丹田、腰の緩み、手に気をいれて、相手の軸を切る、(手を刀に見立てて切る動作をする)、そしてそれを、速さではなく、等速で動かすことを同時にする必要があります。

 

と、書いていて気付きましたが、いつも課題になる、気を通して、腰のゆるみと等速直線運動を一致させて、一《ひと》呼吸で動かす動作と同じですね。

 

なかなか手を引いたり、速さで落とそうとしてしまいますが、今日は少し、相手の軸をねらう感じがわかりました。

また、丹田、腰のゆるみが弱いので、そこをうまくできるようにしなくては、とも思いました。

 

剣は、八双から受ける形をなおすように指摘されました。そう思って、石川先生の形を見ると確かに違うのがわかりました。

また、今日は足を撞木足にすることを気をつけました。

 

また、二教も一通りの形を稽古のなかでできたので、あとは体のさばき方、足の形とさばき方に注意をしながら、級の試験ができるように、仕上げていきたいです。

 

本日も充実した稽古でした。一ヶ月ぶりに参加したので、楽しく稽古ができました。

 

本日は、夏至。行きのバスから見る景色もいつもより明るいせいか、別の街のような感じがしました。

帰りの月も昨日が満月だったせいか少し大きく見えました。