読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.28.の稽古

今日は上石神井体育館での稽古でした。

先週は旅行などしたので、剣の素振りもできなかったので、胸の緩みを意識する練習を時間を見つけてしたところ、半身から腕を剣のように振り下ろす練習がいつもよりかかりがよかったです。胸の緩みの使い方がようやくつかめてきたかもしれません。

舟漕ぎで、両手を入れる、抜く練習では上体の両軸を意識することを先生に指摘されました。

 剣の素振りは焦って、つい腕で円を描くように降る癖があるので、これはとりたいと思いました。

 剣の交点は、剣の交点と相手の肩、自身の肩で二等辺三角形をつくり、剣の交点から相手の肩に力を入れる感じを崩さないように、肩を抜いて剣を倒していく、という基本の練習がどうしてもうまくつかめないのが課題ですが、完成系の形がようやくつかめたように思えました。

 また、本日はTさんも来られたので、立ち技で三教、四教のかけ方をじっくりと見ることができ、またよい練習にもなりました。三教では手の捉え方を丁寧にする。四教では、肩と肘をきちんと抜いて、相手の軸と肘、自身の軸で三角形をつくることをきちんとできるようになりたいと思いました。

 本日もよい稽古ができました。みなさん、ありがとうございました。

2017.03.21.の稽古

 本日、最後の稽古が相手に持たれた片手を相手に入れて崩す、という稽古でした。それを力ではなくて、体の緩みで、相手と争うことなく行う、というものでした。中心軸と体の緩みから発する気と力を相手に伝えることができるかという「気と丹田」が問われる練習でした。

 中心軸をしっかりと持ち、胸の緩みを相手に伝えるというのが、まだまだ掴めません。課題だ!

 石川先生のを受けると、こちらが力を入れていても、気がついたら(つまり争わずに)軸を崩されている。また、体もしっかりと固定されている(軸が通っている)どういうふうな体の使い方なのだろうか。

 素振りは、以前よりは、気と体と剣が一致してきたようだけど、もう少しのところでかわされてしまう。また、素振りを受ける時も、来るなという感じは前より感じる時もあるが、もうすこしでかわせない。これもまだまだ気を感じることが甘いのだろう。

 後ろでで掴まれてからの三教を行う時の、手の返し方がわかった。あと、三教で決める時は、腰を落とす力も利用すること。三教の手の持ち方をより丁寧にすること。

 四級の体の型の流れはわかってきたので、丁寧に決めれるようにしたい。

 また、後ろで掴まれている時は、腰の緩みで落ちることを利用して手ほどきをすることも掴めた。腰の緩みで落ちることは、自分の苦手とすることなので、一文字腰や緩みで落ちることを練習しようと思った。

 剣の交点の練習で、相手とつながり、肩を崩すことがうまくならない。まず相手とつながる感じをつかめるようにしたい。

 また、相手と争わずに入っていける、「合気」をつかまなくては。

 と、課題もいろいろありますが、楽しく稽古ができ、よい稽古ができました。ありがとうございました。

2017.03.14.の稽古

 本日は、上石神井での練習でした。

 右の前転と、後転は前よりできるようになったみたいで、手と肩が入って回転していると言われました。左はまだまだなのでがんばろう。後、一文字腰をもう少し低めに決められるようにがんばろう、と思いました。

 舟漕ぎは、力にたよってしまうので、先生のような肩が抜ける感じがだせるようになるにはどうすれば良いか、まだまだ課題です。

 剣も一回素振りで、かすることができました。上で構えて、振った形に瞬間移動するような気持ちで、降るのではなく、腰を使うとの指導も少しはわかる感じがしてきました。交点の練習がまだまだなので、これは技にも通じるので、中心軸の意識からしっかり持たなくてはと思いました。

 四教で、肩の付け根と相手の肘と自分の中心軸とで三角形を作るというポイントを教えていただき、これを意識すると形が少しは掴めた、と思いました。

 臂力も復習していただけたのですが、気、体、そのあと剣(腕)がくるので、一、二の呼吸になると指摘されました。これも修正課題です。

 最後に、四方投げを教わりました。

 本日もよい稽古でした。ありがとうございました。

2017.03.07.の稽古

 今週も上石神井体育館で稽古でした。

 今日は素振りで、久しぶりに先生の剣にあてることができたので、けっこう嬉しかったです。

 基本の稽古で、両手をつかまれたまま、舟こぎで、相手にはいる練習が難しいのですが、「軸を立てて、その軸にそって丹田を落とすと同時に、それを相手に伝えるように入っていく、または、引く」ということが少しわかったような感じがしました。なかなか動作にはできませんが、軸をしっかりと最初にもち、その軸を動かさないようにすることをまず目指そうかな、と思いました。

 手ほどきで、矢筈取りと、交差に取られた手をつかって、肩を裏返すようにして相手を崩すことが難しいのですが、どちらも相手との接点(交点)を自分は、動かしていないつもりで、けっこう動かしているな、と気付けたので、そこから修正していこうと思いました。

 立ち技は、四教を中心に行いました。「四教は、手首、肘、肩を同時に抜いて無力化して、相手を制する技」「三教は、肩と肘と手首を固める技」という先生の説明で、わからなかった四教が少し見えた感じがしました。

 四教のかけ方を集中して教えていただき、Tさんへかけている様子も見ることができたので、基本はすこしわかったかな、と思いました。

 先生がかけると、無理な力をかけず痛みがないのだけど、肘と腕がぬけてしまうので、少しでも近づけるようになりたいと思いました。

 あと驚いたのが、伸ばした腕を軽く押すだけで、肘と肩が抜けてしまい、軸が崩される四教のかけ方を体験できましたが、これは三段の技らしいです。手ほどきでは、交差に取られた腕を相手の手首に親指をかけるだけで、手首、肘、肩をぬかれてしまうので、鍛錬すれば、こういうことができるのだな、と思いました。

 Tさんも、基本動作がうまくなってきているので、こちらも置いてかれないようにがんばろうと思いました。

 今週もよい稽古でした。

2017.02.28.の稽古

 今日は上石神井体育館で二月最後の稽古でした。

 稽古のなかで、足腰の柔らかさ使って丹田を鍛える、沈む力をうまく使い、入り身、転換、体の変更を行う、胸のゆるみで相手にすっと入っていく、あるいは、抜いていく動き、以上の大切さと、実際に行うのは難しいと思いました。

 胸のゆるみを、振動として、音がつたわるように相手に伝えられると、相手はそれを止めることができない、という先生のお話が印象に残りました。

 また、三教の練習をAさんと一緒に行いました。手首を意識するのではなく、肩を返していくのを丁寧に行おうと思いました。

 簡単ですが、今日はここまで、本日もよい稽古でした。

2017.2.17.の稽古

本日印象に残ったが、足腰のやわらかさが、技の基本となるという先生のご指摘だった。

 膝行と半身で中心軸をとって下に落ちる練習は家でもして、足腰、自分は特に右側が硬いので、とりあえず柔らかくしようと思いました。

 剣の練習で、交点を保って入っていく練習も、手を交差に構えて入っていく練習と同じで、力が争ってしまう。基本をきちんと身につける重要性が、最近ようやくわかってきた。

 四級の内容はひととおり練習できたので、型を思い出しつつ、ポイントを復習しておこうと思いました。

 今、ちょっと忙しいので今日はここまで。

 本日も充実した良い稽古でした。先生ありがとうございます。

2月14日の稽古

 剣の素振りの練習で、自分でも剣と体がバラバラになっているのがわかるので、暇をみつけて、練習しておこうと思いました。

 剣を両手でもち交差に構えて、相手にはいっていく練習をして、「合気」の重要さと難しさを感じました。できるようになれば、体の使い方が変わるんだろうなあ。

 手ほどきは、少しコツがつかめてきた感じがしました。

 「透明な気」というお話が印象に残りました。

 練習をつうじて、けっこう体調が整いましたが、今日は体調がすぐれないのと明日はまた仕事が忙しくなるので、今日はこのあたりで。

 よい稽古ができました。