2018.08.14.の稽古

今日は、両手取りの天地投げ、入り身投げ、前方回転、後ろ両手取りを3つ、後ろ襟取りの稽古をつけていただきました。K君も来ていたので楽しく稽古できました。

型も少しずつ身に付いて来たので、きれいに、技がかかるように稽古を積んでいきたいです。

合気上げ、合気下げもポイントが少しわかったような気がしました。しかし、まだまだそれがうまくできないので、課題にしていきたいと思います。

今週は休みを取って少しホッとしたのか、身体の疲れが出て来て調子が悪かったのですが、一時間半稽古をすると良い汗をかき、調子も元に戻った気がしました。

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2018.08.07.の稽古

今日は、基本となりますが、なかなか自分にとっては難しい、力ではなく、身体の緩みで相手に入ることをお願いして教えていただきました。

自分の軸をしっかりと意識して固定し、相手へ自分の丹田の緩みを、伝えていくということがなかなかわからなかったのですが、今日は少し掴めた感じがしました。

力と力で争うのではなく、緩みを使う、持たれた手から肩を抜く、その時に、肩と手の力ではなく、半身の力を使って、真っ直ぐ入るなど、言葉では難しいのですが、一体感を持った動きをすると相手にすっと入れるのだな、と少しは掴めた気がしました。

 

天地投げでは、下げる手の使い方が今ひとつ決まらないので課題としたいと思います。

 

肩を抜くことの大切さも少しずつわかってきました。

 

軸をしっかりと意識し、緩みをより有効に使えるようにしていこうと思いました。

 

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2017.07.24.の稽古

今日は、両手どりの技を中心に稽古をつけてもらいました。

両手どり天地投げで、合気上げで、単に腕をあげるだけでなく、相手との接触を意識して、つながる感じを持たないとうまく決まらないことがわかりました。

また、下げる手でこれもうまく誘導して全体を螺旋のように回すことを意識しなくてはと思いました。

両手どり入り身投げは、全体の形がまだよく身に付いていないので、しっかり習得しようと思いました。

難しいのが、後ろ襟どりの技で、これは三つの技があるのですが、まだまだよくわかりませんでした。今後の課題にしたいと思います。また、肩の硬さがネックになっているので、全体的に体を柔らかくしないといけないな、と思いました。

 

合気下げの稽古で、K君に軸を真っ直ぐ下ろす感じでかけると良いとアドバイスをもらったので、そうしてみるとかかりやすいことがわかりました。軸を意識して真っ直ぐ軸を下ろすことが自然にできることを目指したいです。

 

最近、仕事が忙しいのと、この暑さで参っていたのですが、久々に良い汗をかいて、気分もすっきりしました。今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2018.07.17.の稽古

今日の稽古では、肩を抜いて崩すこと、いろいろな方向、体勢から肩を抜けるようにしなければならないことをしっかり身につけなければと思いました。苦手な体勢、方向があるので、ちょっとずつ試しながら身につけていかなくてはと思いました。

片手取りで、一呼吸、一拍子で入るのがなかなかできないのですが、石川先生とK君の稽古を見ていた時、肩が抜けていたように見えたのでヒントの一つとして試してみたいです。

両手取り天地投げは、引く手がなかなか決まらないのと、天に上げた手が相手と離れてしまう時があるのでこれに気をつける。両手取り入り身投げでも、肩を抜くことを身につけること、両手取り前方投げは、力を入れずに最後に崩すことを身につける、(劍の交点で崩すように)、後ろ両手どり呼吸投げは、肩を抜くことが課題、後ろえりとり呼吸投げでは、相手の手を絡めて取った時に、肩を抜いて、関節を力で決める必要がない技にする、などいろいろと課題が見えました。

劍では、交点から崩す場合のこつが少し掴めた感じがしました。

課題もありながら今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2018.07.10.の稽古

今日も両手取りを中心に稽古をしました。手と足の詳細な動きも教えていただけました。

今日の課題は、中心軸の安定がまだまだ弱く、胸と丹田の緩みをどう伝えて行くか、がなかなか上達しないということです。

また、素振りは構えから、振り切るまでをどうやって見えなくするかが課題です。

この二点をどうやって克服するかをいろいろと試してみる必要があるな、と感じました。

今日は忙しいのでここまでにします。

今日も良い稽古でした。

2018.07.03.の稽古

今日から今年の後半戦です。ちょっと前に正月がきた!と思っていたのに、もう半年終わってしまいました。夏なので、上石神井の体育館につく頃でもまだ外は明るかったです。

今日は、両手取の稽古を中心につけてもらいました。なかなか相手を崩す、螺旋の動きなどがきれいに決まらないのですが、まず全体の手順から身につけていきたいです。

Yさんも久しぶりに稽古に参加されて、最初と最後の技を決める時の安定の良さ、特に半身の決まり具合がかっこよいので、足腰の柔らかさも含め見習おうと思いました。Yさん並みとはいきませんが、ちょっと足腰の柔らかさをつけないと、もう一歩先に進めないかもと感じました。

 

両手取は、天地投げ、入り身投げ、前方投げを中心に教えてもらいました。特に足の使い方がまだまだ曖昧だったを教えてもらいました。まだまだ、技がかかるという感じではないので、形からしっかり抑えていこうと思いました。

 

素振りは今週時間があれば行っていたのですが、やはり、動きを知られてしまいます。初動を消す、ということを今週も考えながら素振りをしようと思いました。

 

今日もよい稽古でした。後半も一級、そして黒帯を目指して頑張ろうと思いました。ありがとうございました。

2018.06.26.の稽古

今日の稽古での気づきは、柔らかく技をかけることの大切さです。なかなか頭でわかっていても、つい体が硬くなったり、力を入れたりしていたのですが、今日は良い感じで力を抜いて技をかけることができました。特に、苦手としていた二教がふっと柔らかく決まったのは嬉しかったです。うまくかかるときは、自分の軸と相手の軸の関係をしっかりと感じて、肩をうまく抜けた時なので、この二点はしっかりと感覚につけていこうと思いました。

また、両手取の稽古をつけていただきました。天地投げの手を下がるのがしっかりと下がっていないなど改善すべきことはたくさんありますが、まず全体の動きを身につけ用と思います。

基本技の練習では、丹田をこれまでよりは意識できることができました。少しずつですがちょっと進展したかな、と感じました。

剣の稽古では、剣を振ると意識したから、実際に剣を振り下ろしているので、これを一致が今の問題になっているのだなと感じました。

八双の構えで剣がまっすぐになっていないと先生に指摘されたので、そのあたりからしっかりと直そうと思いました。

少しずつですが、できるようになってきたと感じることも出てきたので、じっくりと技のキレを上げていきたいです。

今日もよい稽古でした。ありがとうございました。