2018.05.29.の稽古

今日は5月最後の稽古でした。日も長くなってきて、つい最近までは上石神井の体育館に着く頃は真っ暗だったのが、ちょうど日が沈む感じになってきました。

今日は、二級の仕上げとして進級の審査をKさんとともに受けました。

合格をいただけました!(やった1)

次の一級の技である、合気下げと、天地投げを教えていただきましたが、かなり難しい。きちんと「合気」を習得しないと成立しない技です。

まず手に力をいれずに動かせるようにしなくては。

気長にがんばろうと思います。

風邪気味でしたが、稽古をすると体調が不思議と整いました。稽古のなかでみんなから良い気をいただけたのでしょうか?

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2018.05.22.の稽古

今日は、仕事の打ち合わせがあったので、最後の30分の立ち稽古だけ参加しました。Kさんと四方投げの練習を行いました。進級試験の技のおさらいできてよかったです。落ち着けば、間違いもなく仕上がってきたと思います。あとは、肩をぬくことなどを考えて、技の利き方を向上させることも行なっていきたいです。

今日は、基本の稽古と剣の稽古に参加できなかったで、来週までできることを家で稽古しておこうと思いました。

来週は、最初から参加をしようと思いました。

2018.05.15.の稽古

今日の稽古で、軸の意識の仕方、使い方について少しつかめた感じがしました。

軸を落とすことで、相手にその力を伝えていくこと。

このことをよりうまくできるようにしていきたいと思いました。

また、最近Aさんが新しく入ってきたことで、剣についても、基本を稽古することが多く、復習になって勉強になることが多いです。「手首の使いかた」について、今日は一つ自分ができていないことがわかったと思います。

あと、四方投げの足のさばき方は基本となるので、練習しておきたいです。

 

今日もよい稽古でした。ありがとうございました。

2018.05.08.の稽古

今日、一つわかったことは、剣での腰使いの大切です。八相のかまえから振り下ろしたときに、手首だけ使っていたことがよくわかりました。剣と一体になってすっと腰から落ちるかんじをつかんでいきたいと思います。素振りも見直したいと思いました。

また、石川先生より、少し早いけど、黒帯の試験でみる、一呼吸、一拍子の動きを教えていただいたのですが、なかなかうまくいきません。もう一度、軸を動かさない感じから稽古していかなくてはと思いました。

 Aさんが、初めて胴着を着てきて、先生から、帯の締め方を教えるように言われて、締め方を伝えたのですが、そういえば最初は自分もよくわからなかったな、と最初のころを思い出しました。いろいろとAさんに教える場面も多くなり、しっかり稽古しなくてはと思いました。Yさんは、呼吸投げと二教がとてもうまく、しっかりと中心の軸をねらえて技をかけてくるので、見習わなくてはと思いました。

今日もよい稽古でした。仕事で忙しいのですが、時間をみて、復習できるところはしていこうと思いました。

2018.05.01.の稽古

今日から5月です。連休中ですが、今日はKさん、Yさんと一緒に稽古を行いました。

四方投げは、最後にKさんとかなり練習したので、来週まで時間があるときに復習してしあげたいです。

先生との稽古では、「動き方の習得、力をいれた動きの次は、気配を消す稽古」をするということで、基本から、技まで、難易度が一段階あがりました。

気配をどうけすか、が次の大きな課題です。

さいご、特別に黒帯の試験のつかまれた手を相手にいれる稽古をしました。中心軸をしっかりと持ち、気をとおして、ゆるみで動く、ということですが、なかなかつかめません。が、これができたら一段階上にあがれると思うので、じっくり習得していきたいです。

今日も仕事でかなりつかれての稽古でしたが、1時間半汗をながすと、気分と頭の中もすっきりします。また、来週まで時間をみつけて、素振りも行っておこうと思います。

今日も良い稽古でした。

2018.04.24.の稽古

今日は、最近稽古を始めたAさんと、中学生になり大人の教室に参加するようになったYさんも一緒の稽古でした。Aさんには、教える立場になり、基本がきちんとできていないと教えることは難しく、基本をきちんと振り返るにはとても勉強になります。また、Yさんはバランスがよく体がやわらかく、技のきれもよいので見習うことも多いです。

 

今日は四方投げを中心に稽古をしました。もうそろそろ仕上げに入りたいので、技を丁寧に仕上げていきたいです。後ろ両手取りから相手を前に持って行く時に、腕を上がる癖があるのでそれをなくしていくことが課題です。

 

また、片手を抑えられて、相手に入っていくときに、胸のゆるみが使えないので、腕の力ではなく、体の中心の力をどう伝えていくかも課題です。

合気上げは、少しわかってきましたが、最後に相手の肩が抜けないので、最後にどう決めるかを習得するのも次の目標です。

 

今日は、稽古前に食べる時間がありませんでしたが、かえって力がぬけてよかったかもしれません。

ここしばらく忙しくなるので、できるだけ送れずに早い時間に参加できるようにしたいです。

以上、今日もよい稽古でした。

2018.04.17.の稽古

今日は、最初に稽古での大切なポイントを石川先生にお話いただけました。まず、中心の確立することと、自分と相手の中心を意識して、そこに入っていき相手を崩すことを考えることなどです。

今日も、受身、入り身転換などの基本の稽古、剣の稽古、座り技、立ち技の稽古をしました。今日も二級の四方投げを中心に稽古をつけていただきました。K君と一緒に座り技から立ち技まで、四方投げの稽古をしました。足の動きはほぼ大丈夫になってきたので、手のつかみかたなどを先生とK君の稽古から復習をしました。

剣の稽古では、今日は一回素振りをあてることができ、偶然かもしれませんがうれしかったです。

4月からAさんが新しく参加しています。基本の動作を教えることも多くなりましたが、教えていると、自分が曖昧に理解していたりすることが明確になり、こちらも勉強になります。自分の動きや理解のチェックにもなるので、それはよい機会だと思いました。

そろそろ四方投げは仕上げられるようがんばっていきたいです。

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。