読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.05.23.の稽古

今日は5月で最後の稽古でした。

四級の技と、小手返しを中心に石川先生に稽古をつけてもらいました。

四級の技は、だいたい形になってきたと言われたので、そろそろまとめに入りたいと思いました。

ただし、後ろ手を外すところが、力技になってしまうので、手足の一体感をだして力をいれずに抜けることを習得するようにしたいです。

相手にはいる、手を抜くといった基本動作で、ゆるみを使った、手と足の一致を習得できるようにすれば、何をすればいいのかが、今の課題です。また、『弓と禅』を読もうかな、と思いました。

剣の素振りでは、今日は先生の剣に当てることができませんでした。先に切ろうという気が先走っている、と言われて、そうだ、当てようという気持ちが残っていた、と思いました。素振りをするときの、心の持ちようについて少しつかめました。また、先生の素振りの剣を避けるのが、最後に一回できましたが、そのときは、うまく言えないのですが、剣の振りとその場と一体感があったので、タイミングがわかったのですが、この感じをいつも持ってくるようにすることが課題です。

 最近、正眼の構えをしている剣に、振り下ろした剣を載せる稽古をしているのですが、なかなかうまくいきません。振り下ろしたときの手首がまがり、そのため中心軸がずれてしまいます。中心軸を保ったまま、まっすぐ振ることをできるようにしなければ。

 交点も、自分の中心軸と相手の軸と交点で三角形をつくって、乗せていくということがなかなかできないので、練習を含め課題となっています。

 最後に今日は特別に昇段試験の三つの手の技の稽古をつけていただけました。先生の手から気がくるのはよくわかるのですが、自分でするとき、緩みを使おうとすると、そこを抑えられてしまうし、うまくいきません。まだまだ、全体の一致がないのが原因じゃないか、と今日は感じました。

 いろいろ課題は山積ですが、稽古はとても楽しかったです。

 次回は二週間後となるので、時間をみつけて剣をふったり、家でできる練習をしようと思います。

 ありがとうございました。

2017.05.16.の稽古

 以前から、左からの前受け身がどうしてもまっすぐにできず、まがってしまう癖があり直せなかったのですが、今日はまっすぐに受け身をすることができました。定着できるようにしたいです。

 技でどうしても力が争うので、石川先生から言われたのが、「天の気を上からまっすぐ体にとおして、それを足からの地の力でうける。それを丹田でためて、丹田を緩めると同時に相手に一呼吸で伝える」ということです。いつも言われているのですが、剣の素振りでこのことを意識しつつ練習しようと思います。

 剣の素振りは今日は、当てることができませんでしたが、素振りじたいは以前よりよくなっていると褒められました。よくなったので、その分レベルを上げるということみたいです。

 三教も少しなれてきて、前よりは進歩してかかった感じもわかってきました。四教はなかなか形にならないのですが、今日は、最後にかかったかな、という実感を得ることができました。やはり体の位置がポイントだと思いました。

 また、後ろ手首どり小手返しも稽古をつけてもらえました。なかなか後ろに掴まれた手を返すことが難しかったのですが、脇をひらいたり、上にあげたりしないで、すっと前にだすということ大切ということが最後にわかりました。つい、上にあげたりしてしまうのですが、それだと相手との争いが生まれる、ということが少し実感できたのがよかったです。

 今日もよい稽古でした。ありがとうございました。

2017.05.09.の稽古

 連休中に、先生に勧められた『弓と禅』を読みました。今の稽古にも通じることが多く、刺激的な内容でした。思ったことや、自分の課題にとって大切だと思ったことも多くあるのですが、また今度ゆっくりと書きたいと思います。

 四級の稽古を中心に教えてもらいました。四教が決まりづらいのですが、だいたいの型の流れはつかめてきました。四教については、もう一度自分のなかで整理しておこうと思います。

 次の級になる小手返しも少しずつ教えていただいています。

 技の最初のほうで、争ってしまったりすることや、力で手ほどきをしようとしてしまったりしてしまうので、腕や上半身の力をつかわないで、緩みで相手に入っていき、軸を崩して技をかけることをどうやって身に付けていくか、稽古のなかで考えていこうと思います。

 今日もよい稽古でした。ありがとうございました。

2017.05.02.の稽古

 今日から5月の稽古になります。連休前ですが今日も上石神井に稽古に行ってきました。

 今日は、稽古をつけてもらって、自分の課題がたくさんでました。

 胸のゆるみを使うこと。胸のゆるみで、力をつたえる感覚をはやくつかむこと。

 剣の振りは、遠心力を使わずに落とすこと。等速で腰のゆるみで落とす。ふれれば、切れるので、ぶつける感覚をなくす。

 後ろ両手取りを、腰のゆるみ、等速で動いてとれるようにすること。

 争いをなくして、相手に入れるようにすること。

 胸の丹田やゆるみの意識と手の動作を一致させること。

 先生に指摘されたのが、上半身の動きで動いていると、相手にすぐにしられるので、止めやすい。体の内部の緩みを腕や手に伝えるようにする必要があるということ。

 座り技の、肩取り六教のわからないことをしっかり教えていただいたので、まとめておこうと思います。

 また、技の動作を区切って考える、その動作が目的になって動いているので、最後の形を念頭に、一動作ごとが最後の形の布石になるように、技の型、動きをとらえる必要がある、と痛感しました。

 また、課題をどうやって解決しようか、練習で悩んでいると、「弓と禅」を勧められました。連休中によみたいと思います。

 今日も、課題はいっぱいでしたが、よい稽古でした。ありがとうございました。

2017.4.25.の稽古

本日は、見学者もいたので、基本を振り返る良い機会でした。

基本的な練習を説明することは、自分の技の理解度と実際にどこまでできるか、できないかがはっきりするので勉強になると思いました。

剣の素振りは先週一生懸命行いましたので、今日は一回目で素振りを当てることができました。(!)

また、Tさんと三教の練習をして、お互いにできていること、できないこと、なおすことを話し合いながら練習できたので、理解がふかくなったと思いました。

4月は今日で終わりですが、5月は、四級をめざしてがんばりたいと思います。

今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2017.04.18.の稽古

 今日嬉しかったのは、剣の素振りの稽古で、石川先生に二回剣を当てることができ、また一回素振りを避けることができたことです。

 しかし、八相に構えて受けるときに、受け切れずに切られまくってしまいました。なかなか八相の受けが決まりません。

 基本動作の練習で、相手の手を崩すことを通じて相手を制することは、先生の受けをしているときに、その感覚はわかってきたのですが、自分が崩すことができません。今後の課題です。

 掴まれた手を外す練習で、等速運動と足腰の緩みを使い、右手は外すことがなんとか少しは形になってきたのですが、左手がなかなかできません。しかし、コツが少しつかめたのは今日の成果です。

 四級の技も、型の形はわかってきたので、そろそろ進級試験にむけてがんばろうと思いました。

 足腰の硬さが弱点なので、回転膝行などで柔らかさをだす練習をしようと思います。

 今日も良い稽古でした。ありがとうございました。

2017.04.11.の稽古

 4月から仕事が忙しくなるので、短くまとめて課題や出来たことを当分書いていきたいと思います。

 中学生になったI君が今日から、一般の稽古に参加しはじめました。I君と練習していて、体が柔らかいのは本当にそれだけで優位なことだな、と思いました。自分は体が硬いのでストレッチなどを真面目にしていきたいと思います。また、受身がとてもうまいので勉強になりました。見本にしなくては。

 一緒に組んでこちらが感じたことを話したりして、言葉にすると、自分ができていないことにも気づけて学ぶことも多かったです。

 今日は剣の素振りで先生に一度あてることができました!やった。

 三教の手をきれいに決めるられるように、復習しておくこと。四級の技の型を復習する。腰の柔軟を練習しておくこと。

 などをしていきたいと思います。

 今日も良い稽古でした。ありがとうございました。